2010年01月24日

シービスケット

2本目は「シービスケット」

当時映画館で観たことがあったけど、その時はかなり好印象。
なので少し前から再び気になり始めていた作品。


1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワードは、最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラと結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。やがて、彼はカウボーイのスミスを調教師として雇う。スミスは“シービスケット”と呼ばれる小柄で気性の荒いサラブレッドの潜在能力に目を付け、その騎手として気の強い男ジョニー・ポラードを起用するのだった。


あの頃と同じ、素晴らしいの一言。

ただ当時は、「こいつはすごい馬だ!」の場面とウォーアドミラルに勝ったところで満足してしまい、その後はいらないんじゃないかと思ったりしたけど決してそんなことはなかった。

復帰戦でジリジリ後退していく友のために戦友がとった行動と、それに応えて次々と相手をブチ抜く根性の馬。
「栄光の後の挫折」からの復活――今回はこのクライマックスに一番感動した!!

6年前に観た時に比べ、自分もちょっとは成長できているのかなぁ(笑)


シービスケット プレミアム・エディション [DVD]

シービスケット プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD





シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (ヴィレッジブックス)

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: ローラ ヒレンブランド
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫



タグ:映画 競馬
posted by msk at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。