2009年11月15日

犯人に告ぐ



こないだ映画を見たのでその感想をひらめき

あらすじ: 川崎で起きた連続児童殺害事件で“BADMAN”と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人が、3件目の犯行後、こつ然と姿を消してしまう。捜査に行き詰った警察は捜査責任者の巻島(豊川悦司)をテレビに出演させ、犯人に直接語りかける“劇場型捜査”を決断するが、犯人を挑発する巻島の発言に報道は加熱し、日本中が混乱に陥る。


事件の捜査責任者を任された巻島だが、警察内部では不平・不満や足の引っ張り合いが横行。
そんな中で純粋に犯人逮捕に全力を注ぐ彼と、数少ない彼の仲間達がそれぞれの立場で奮闘する姿が静かに心に残る。

終盤ついに犯人を探し当てるシーンはその最たる例で、派手なアクションなどなかったけれど、とても印象的。

十分に満足できる一本でしたわーい(嬉しい顔)


犯人に告ぐ [DVD]

犯人に告ぐ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



posted by msk at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。